貸室について(PDF)

マル経金利

1.21

(2019/4/1)

お知らせ

■ニュース

2019年04月04日

【人材確保】富山県移住支援金制度 対象法人の募集

 

富山県からのお知らせ

 

 富山県では、東京圏への一極集中の是正及び地方の中小企業等における人手不足の解消を目的に、東京23区から富山県内に移住し、対象法人に就業した方に移住支援金を支給する「富山県移住支援金制度」を本年度から開始します。

 現在、対象となる法人を募集しておりますので、対象法人の要件を満たす

 企業におかれましては、是非登録されますよう、よろしくお願いします。

 

 

<制度の詳細や対象法人の要件、登録申請方法>

 

 右下のチラシや下記とやまUターンガイドの特設ページをご確認ください。

https://uturn.pref.toyama.lg.jp/migration-company/

 

 なお本制度による、とやまUターンガイドサイト改修に伴い、求人情報ページに登録済みの企業情報のうち会社概要として「①所在地」「②創立年」「③資本金」の3項目について掲載したところです。

 お手数をおかけしますが、求人情報を掲載している企業のみなさまにおかれましては、掲載情報に相違がないか、ご確認いただけますようお願いいたします。

 内容に相違がある場合は、とやまUターンガイドに企業ログインの上、「企業マイページ」の『事業所登録情報変更』より修正をお願いします。

 

 

<制度全般、法人登録に関するお問い合わせ先>

 

富山県総合政策局移住・UIJターン促進課 UIJターン促進係
TEL:076-444-4608

 

2019年04月03日

【人材確保】「2019インターンシップフェス北陸」への参加募集

富山県からのお知らせ

 

 このたび、首都圏等に進学した学生と北陸3県(富山県、石川県、福井県)の企業との出会いの場を設け、北陸3県へのUIJターン就職を促進するため、県内企業でのインターンシップを案内する「インターンシップフェス北陸」を東京・名古屋・大阪の3都市で開催することとしました。
 別添の「参加企業募集要領」をご確認いただき、参加を希望される場合は、4月8日(月)までに申込みフォームによりお申し込みください。

 

【日時・会場】
○東京会場
 2019年5月25日(土)13:00 ~ 16:30
 パソナ本社 JOB HUB SQUARE
       (東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部)
○名古屋会場
 2019年6月2日(日)13:00 ~ 16:30
 愛知学院大学 名城公園キャンパス AGALSホール(名古屋市北区名城3-1-1)
○大阪会場
 2019年6月16日(日)13:00 ~ 16:30
 立命館大学 立命館いばらきフューチャープラザ(大阪府茨木市岩倉町2-150)

 

【参加条件】
・富山県内に事業所を有する企業であること
・2019年度中に富山県内でインターンシップを実施する予定があること
・インターンシップNAVIとやまに登録していること、または2019年5月10日までに
登録すること
※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

 

【申込みフォーム】
https://shinsei.pref.toyama.lg.jp/YXBEzyVF

 

(事務担当)  
労働政策課 雇用推進班 インターンシップ担当
TEL: 076-444-8897

2019年03月20日

新湊歴史ヒストリア『新湊 食文化さんぽ』刊行!

射水商工会議所魅力発信プロジェクト

しんみなと歴史ヒストリア

第五弾 新湊 食文化さんぽ発刊!

 
  
好評を頂いている、射水市の旧新湊地区の魅力をお伝えする冊子、

 

第一弾 新湊 寺社さんぽ

第二弾 新湊 街道さんぽ

第三弾 新湊 放生津曳山さんぽ

第四弾 新湊 港&潟さんぽ

(PDFでご覧いただけます)

に引き続き、第五弾が発刊いたしました。
 
第五弾のテーマは『食文化』

自然と向き合い試行錯誤を続けてきた魚食文化と歴史。

海の恩恵を全身全霊で受け止める漁師町新湊の食文化の歴史をご紹介したい

そんな想いが第五弾のテーマへと実を結びました。
 

本のデータはこちら
 
射水市内の観光施設等にて順次配布致します。
※ただし数に限りがありますので、上記よりデータのダウンロードをお勧めします。

2019年03月01日

新湊食文化さんぽ 参加者募集!

■□■新湊食文化さんぽ 参加者募集■□■

 

平成31年3月23日(土)実施

 

申込締切:平成31年3月11日(月)

 

射水商工会議所魅力発信プロジェクトでは、

新湊地区の歴史や文化をまとめた小冊子を発行しています。

待望の第5冊目のテーマは新湊地域の「食」の歴史に焦点をあてた「新湊食文化さんぽ」

本冊子の発刊を記念し、ツアーを開催します!

皆様の参加をお待ちしています!

 

参加費

 

 5,000円

 (消費税、昼食代、見学・体験費用含む)

 

 

定員

 

 20名

 

 

集合場所

 

 小杉駅南口 AM10:00

 道の駅新湊 AM10:40

 

 

行程

 

 新湊博物館にて座学を学ぶ 当地域の食文化の歴史を博物館の学芸員が解説

   ↓

 昼食 道の駅新湊 伊能忠敬が食べた「おもてなし御膳」を堪能!

   ↓

 新湊漁港にて昼セリ見学 港の活気を体感!

   ↓

 新湊かに小屋 昼セリで競り落とされた新鮮なカニ一杯を茹でたてで!

   ↓

 新湊かまぼこにて細工かまぼこ制作体験 職人の技を自分自身で体験!

 

解散予定

 

 道の駅新湊にてPM4:15頃小杉駅南口にてPM4:40頃

 

 

申込方法

 

 ①電話 0766-84-5110

 ②ホームページ 下にある申込フォームへ入力、送信

 

 

お問合せ・お申込み先

 

 射水商工会議所

 〒934-0011 射水市本町2-10-35

 TEL:0766-84-5110・FAX:0766-84-5245

 (電話受付:土日祝日を除く 午前9時00分~午後4時まで)

 

 

2019年02月19日

【資金調達】平成30年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」の公募スタート!

「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募開始

 

 中小企業庁は、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」(平成30年度補正予算事業)の公募につきまして、下記のとおりHPで公表しましたので、お知らせします。

平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」は、中小企業・小規模事業者等が、認定支援機関と連携して、生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。
この度、以下のとおり、補助金の公募を行います。

 

運用面の改善ついて

(1)

早期審査プロセス(ファストトラック)の導入
締め切りを二段階にすることで、早期に事業開始を希望する事業者向けに、早期に公募を締め切って審査を行い、早ければ3月中にも事業を開始できるようなプロセス(ファストトラック)を導入します。
(2) 申請書類の簡素化
応募申請時に、定款や登記事項証明書の添付を不要とします。また、ホームページを持つ事業者は、会社案内の添付を不要とします。
(3) Fintechとの連携
Fintechや民間資金を活用した中小企業のイノベーション創出を後押しする観点から、一定期間内に購入型クラウドファンディング等によって一定規模以上の支援金額を集めた企業については、一定の加点措置を講じます。また、補助事業で開発した試作品を補助事業期間内に購入型クラウドファンディング等を用いてテスト販売することを可能とします。
この他、補助金交付決定をもって抗弁付き電子記録債権を発生させ、これを担保に補助事業に必要な融資を受けられる取組を可能とするよう、現在、調整中です(詳細は決まり次第ご案内します)。

 

事業概要について(抜粋)

対象経費の区分

補助上限額

(補助下限額)

補助率

1.一般型

機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

1,000万円

(100万円)

1/2

2.小規模型

機械装置費、原材料費、技術導入費、外注加工費、委託費、知的財産権等関連経費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

500万円

(100万円)

小規模事業者

 2/3

その他

1/2

 ■補助率について

以下のいずれかの場合には補助率:2/3

①生産性向上特別措置法に基づき、固定資産税ゼロの特例を措置した地方自治体において補助事業を実施する事業者が、20181221日の閣議決定後に先端設備等導入計画を新たに申請し認定を取得した場合

②3~5年で、「付加価値額」年率3%および「経常利益」年率1%に加え、「従業員一人あたり付加価値額」(=「労働生産性」)年率3%を向上する中小企業等経営強化法に基づく経営革新計画を、20181221日閣議決定後に新たに申請し承認を受けた場合

 ■その他

・スマートものづくり応援隊、ITコーディネータ、ロボットシステムインテグレータ、技術士等、事業の遂行に必要な専門家を活用する場合は、補助上限額を30万円アップ

・平成28年度補正予算における「企業間データ活用型(補助上限額:1,000万円/者、補助率2/3)」は廃止

・補助予定件数は、約1万件(参考:平成29年度補正・申請数23,630件、採択数11,989件)

 

公募期間

2019年2月18日(月)~
一次締切:2019年2月23日(土)【当日消印有効】
最終締切:2019年5月8日(水)【当日消印有効】

 

本件に関するお問い合わせ先

全国中小企業団体中央会および各地域事務局(都道府県中小企業団体中央会)
受付時間:10:00~12:00、13:00~17:00(土日、祝日を除く)

申請書類一式は下記の富山事務局よりダウンロードできます。↓

富山県事務局 富山県中小企業団体中央会 076-482-5738

 

※ 認定支援機関による不適切な行為の防止について【注意】

〇不適切な行為の例
・補助金申請に関与する際に、作業等にかかる費用等と乖離した成功報酬等の費用を中小企業・小規模事業者等に請求すること
・認定支援機関であることを示しながら、補助金申請代行等の PR や営業活動を行うこと
・支援業務の実施に際して、金額・条件等の不透明な契約を締結すること
・支援業務の実施に際して、中小企業・小規模事業者等や関係機関等に対し、強引な働きかけを行うこと

 

その他

販路開拓やITツール導入等にかかる投資については、「中小企業生産性革命推進事業」として一体的に措置している「小規模事業者持続的発展支援補助金」「サービス等生産性向上IT導入支援補助金」をご活用いただけます。(詳細については、中小企業庁及び各事務局のホームページ等でお知らせします。)

 

出典:中小企業庁ウェブサイト(http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2019/190218mono.htm